人間の価値観と神様の価値観

神様に喜ばれること

この世で生きていると、どうしても人間の価値観に縛られてしまいます。

お金、外見や世間体など…。

人間には色々な欲望があって、時代や流行によってもその価値観は変わってきてます。

だから、人間の価値観に影響を受けすぎでしまうと、それに振り回されて疲れてしまいます。

何を基準に生きていけば、楽に生きていけるでしょうか?

世間がなんと評価しようとも、普遍的で変わらないものが、神様であり、神様の愛です。

私たちがどう生きているか、神様は見ています。

行動、言葉、心までも見ています。

神様の前では、人間はみな罪人です。

ですから、人には、人を裁く権利はないのです。

罪人が罪人を裁けませんから、神様から見ると人が争っている姿は滑稽かもしれません。

人と比べることを止めてみる。

これは、とても難しいことかもしてませんが、それが出来ればとても楽に生きられると思うのです。

人を見ないで神様を見てみてはどうでしょう。

「神様に喜んでもらえるような人間になりたい」

そういう気持ちで生きていくとどうなるでしょう。

人と争っている場合ではありません。まずは自分がまともな生き方しなければいけません。

自分の成長のために時間を使わないと、時間が足りないことでしょう。

神様の目で自分を見てみると、とても小さい世界で人と比べて生きていることと思います。

ひと時でも人の価値観から離れて、神様からの視点で生きてみると、まったく違う世界が見えて、世間に振り回されずブレずに生きていく事も出来るのではないでしょうか。

イエスは彼らに言われた。

あなたがたは、

人の前で自分を正しいとする者です。

しかし神は、

あなたがたの心をご存じです。

人間の間であがめられるものは、

神の前で憎まれ、

嫌われます。

ルカの福音書16:15

聖書 新改訳 日本聖書刊行会より引用