神様に守ってほしいとき

神様に守ってほしいときの聖書のことば

神様は存在すると思いますか?

神様が本当にいるのか、いないのか…

信じるか, 信じないか…は個人の自由・・・、ですが、

せっかくなら、神様がいて、自分を守ってくれていると信じられたら、すごく安心するし、勇気が出ると思うのです。


聖書は、旧約聖書と新約聖書を合わせて約2000ページほどありますが、全て神様のことについて書かれた本です。

これほど長いページ数にわたって神様のことを説明してくれているのです。

だから、神様のことを知りたいと思ったら、ぜひとも読んでいただきたいと思います。

神様から私たちへの愛のことばが、たくさん詰められるのが聖書です。

イエス・キリストの弟子たちや、預言者たちが、神様について書かれた箇所もありますが、

神様ご自身が語っている箇所もたくさんあります。

どうぞ、神様からの愛の言葉を受け取ってください。


あなたを形造った方、主はこう仰せられる

恐れるな。わたしがあなたを贖ったのだ。

私はあなたの名を呼んだ。

あなたは私のもの。

あなたが水の中を過ぎるときも、

わたしはあなたとともにおり、

川を渡るときも、あなたは押し流されない。

火の中を歩いても、あなたは焼かれず、

炎はあなたに燃えつかない。

わたしが、あなたの神、主、

イスラエルの聖なる者、

あなたの救い主であるからだ。

イザヤ書43:1~3

聖書 新改訳 日本聖書刊行会より引用