自分を責めてしまうとき

自分に自信がなく、周りを気にしてしまう人へ。

私の場合の話ですが、とても厳しく育てられました。親の意見は絶対で、私の気持ちや意見は聞いてもらうことがほとんどありませんでした。

そんなふうに小さいころから育っていると、ただ流れに任せて生きるようになり、自分はいったい何が好きで、何が嫌いなのか、どう生きたらいいのか、全てがわからなくなっていました。

自分の意見を伝えたとしても親に否定されてしまうと、どうしても自信がなく自己肯定感も低い人間になってしまいます。

子供は親から褒めてもらうことで、自信がつくと思います。ただ、どんな時に褒めるかは親の気持ち次第なので、子供は親の顔色をうかがうことになってしまいます。

極端な話、子供が上手に万引きが出来たら褒められるという家庭に育つと、上手に万引きが出来ることが子供の存在価値になってしまいます。

家庭環境は本当に重要だと思います。

成長の過程で、何か違う、親の考えはおかしいと気付くこともあるかと思いますが、あるがままを受け入れられたことのない自己肯定感の低い人は、どうしても周りの人の顔色を窺い、評価を気にしてしまう傾向にあるのではないでしょうか。

家庭環境のみならず、学校や職場などで、周りから認められたい欲求は誰にでもあり、人間関係に悩んだり、挫折を味わったりしている方もいらっしゃるかもしれません。

人の評価を気にしないで、自分にも縛られないで生きたい。でも、難しい。

そんな方の心が少しでも楽になりますように。

しかし、私にとっては、

あなたがたによる判定、

あるいは、

およそ人間による判決を受けることは、

非常にちいさなことです。

事実、

私は自分で自分をさばくことさえしません

Ⅰコリント4:3


律法を定め、さばきを行う方は、

ただひとりであり、

その方は救うことも滅ぼすこともできます。

隣人をさばくあなたは、

いったい何者ですか。

ヤコブ4:12

聖書 新改訳 日本聖書刊行会より引用

不安でたまらないとき

先のことを、つい心配してしまうとき

この先どうなってしまうんだろう、と不安になるときありますよね。

「何とかなるよ。」とか、

「なるようになるよ。」とかよく言われますが・・・

その言葉、信じられますか?

私は信じられませんでした。

何を根拠にそう言えるの?と思っていました。

でも、神様が「心配しなくてもいいよ。」と言ってくれたら?

少しは、信じてみようかな・・・という気持ちになりませんか?

神様は、この世をすべて創造しました。

海のもの、地のもの、空の鳥たち・・・草花も。

だから、ましてや私たち人間に、良くしないわけないでしょう、と神様は言ってくれています。

だから、わたしはあなたがたに言います。

自分のいのちのことで、

何を食べようか、

何を飲もうかと心配したり、

また、からだのことで、

何を着ようかと心配したりしてはいけません。

いのちは食べ物よりたいせつなもの、

からだは着物よりたいせつなものではありませんか。

空の鳥を見なさい。

種まきもせず、

刈り入れもせず、

倉に納めることもしません。

けれども、あなたがたの天の父が

これを養っていて下さるのです。

あなたがたは、

鳥よりも、もっとすぐれたものではありませんか。

あなたがたのうちだれが、

心配したからといって、

自分のいのちを少しでも延ばすことができますか。

なぜ、着物のことで心配するのですか。

野のゆりがどうして育つのか、

よくわきまえなさい。

働きもせず、紡ぎもしません。

しかし、わたしはあなたがたに言います。

栄華を極めたソロモンでさえ、

このような花の一つほどにも

着飾ってはいませんでした。

きょうあっても、

あす炉に投げ込まれる野の草さえ、

神はこれほどに装ってくださるのだから、

ましてあなたがたに、

よくしてくださらないわけがありましょうか。

信仰の薄い人たち。

そういうわけだから、

何を食べるか、何を飲むか、何を着るか、

などと言って心配するのはやめなさい。

こういうものはみな、

異邦人が切に求めているものなのです。

しかし、あなたがたの天の父は、

それがみなあなたがたに

必要であることを知っておられます。

だから、

神の国とその義とをまず第一に求めなさい。

そうすれば、それに加えて、

これらのものはすべて与えられます。

だから、あすのための心配は無用です。

あすのことはあすが心配します。

労苦はその日その日に、十分にあります。

マタイの福音書 6:25~34

聖書 新改訳 日本聖書刊行会より引用



恐怖におびえるとき

私は子どものころから、相当な怖がりでした。

今でも、先の事まで想像して、最悪な事態に陥らないように気を付けています。

そんな中でも、自分でもどうにもならない事は起こりますよね。

あとは、神さまに頼むしかない状況。

そんなときに、この聖書ことば、おすすめです。

恐れるな

わたしはあなたとともにいる。

たじろぐな

わたしがあなたの神だから

私はあなたを強め、

あなたを助け、

私の義の右の手で、

あなたを守る。

イザヤ書41:10

聖書 新改訳 日本聖書刊行会より引用



人生に疲れたとき

私があなたを休ませてあげる。

なんて、言われたことありますか?

なかなか聞かない言葉です。

神様が言ってくれたのなら、とても頼もしくて安心できると思うのです。

私が一番最初に覚えた言葉で、一番最初に人に伝えたい聖書の言葉です。

すべて、疲れた人,

重荷を負っている人は、

わたしのところに来なさい。

わたしがあなたがたを休ませてあげます。

わたしは心優しく、

へりくだっているから、

あなたがたもわたしのくびきを負って、

わたしから学びなさい。

そうすればたましいに安らぎが来ます。

わたしのくびきは負いやすく、

わたしの荷は軽いからです。

マタイの福音書 11:28~30

聖書 新改訳 日本聖書刊行会より引用